Amazonサプライチェーンマネジメント部門は、キャリアアップしやすい職種です。

サプライチェーンマネジメントとは

サプライチェーンマネジメント職

 

サプライチェーンマネジメント(SCM)を和訳すると「供給連鎖管理」になり、物流システムを1つの企業の内部に限定せず、複数の企業間で統合的な物流システムを構築してマネジメントすることです。

 

Amazonには3つの拠点があり、荷物がお客様の元へ届くまでの膨大なデータを分析し、様々な問題を解決する物流システムを自社開発しています。

 

配送スピードと品質を左右するためAmazonの中でも重要な存在で、サプライチェーンマネジメント(SCM)・ミドルマイル部門の仕事はやりがいが大きいです。

 

<アマゾンの物流拠点と流れ>

 

①FC(フルフィルメントセンター) 物流拠点
  ↓
②SC(ソートセンター) 仕分け拠点
  ↓
③DS(デリバリーステーション) 最終配送拠点

 

スタッフの前職は様々

サプライチェーンマネジメントはシステム構築によるエンジニアの仕事だけではなく、以下のプロジェクトがあります。

 

  • 事業計画を基にしたフルフィルメントセンター(FC)建設計画の立案および実行
  • 配送負担を減らすための法人様向けビジネスの企画実行
  • 配送毎のコスト分析を元に更なるリダクションに繋げる施策

 

プロジェクトの内容が多岐にわたり、分析力や企画力を求められるため、スタッフの前職はコンサルタントやアナリスト、メーカーの生産管理、不動産業など様々です。

 

様々な職種を募集

「サプライチェーンマネジメント(SCM)・ミドルマイル部門」の中には様々な職種があります。

 

企画や開発、マネジメントになると相応の経験と能力を求められますが、運用に関する業務は応募資格が「OfficePCスキル基本レベル以上&社会人経験1年以上」の求人があるなどハードルが低めです。

 

採用枠は全般的に少なめですが、好待遇で在宅ワークの仕事が多いので、気になる方は募集項目をチェックしてみるとよいでしょう。
なお、物流システムに関連した運用業務は夜勤のある仕事が多いです。

 

アマゾンのSCMは世界最高峰

サプライチェーンマネジメント部門

 

サプライチェーンマネジメント(SCM)は多くの物流会社や通販会社、製造業が導入しているシステムですが、アマゾンのSCMはシステムの世界トップクラスに完成度が高いです。

 

アマゾンは一部地域で最短当日配送に対応していて、プライム会員と通常会員で配送スピードに差があるなど複雑なルールとサービスがあります。

 

こうした問題を解決し、スピーディーで確実な配送サービスを実現させているのがサプライチェーンマネジメント部門です。

 

AIなどを駆使して既に出来上がっているシステムを自動で処理してくれるため運用業務の負担が少なく、世界最高峰のシステムに関連した運用・保守・開発に携わった経験は大きなキャリアになります。

 

キャリアアップをしやすい職種ですので、責任感とやりがいが大きい仕事を探している方は、アマゾンのサプライチェーンマネジメント(SCM)・ミドルマイル部門へ応募してみるとよいでしょう。

 

参照:サプライチェーン・マネジメント、ミドルマイル部門

ページの先頭へ戻る